年越し蕎麦

2013年 大晦日

今年、お世話になった皆様、ありがとうございました。

ブログを始めてちょうど一年、日記すら続けたことないのに、よくがんばった!と自己満足。学校に通ったり、お教室を開いたり、試作をしたり、一日の大半をキッチンで過ごした日々をこうして形に残せることは励みになります。何の変哲もない日々のご飯だけど、ブログを覗いてくださった方に心から感謝。

今夜は勿論、年越し蕎麦。きつねと梅大根です。

Toshikoshi soba

ざくろジュース

この飲み物。なんだかクリスマスっぽい色をしてますが、単なる偶然。もうクリスマスはおしまい。これ、絞り立てのザクロジュースです。

先日、ペルシャ料理屋さんで、初めて絞りたてを飲んだのです。それが、濃厚で美味しくって、美味しくって。でも、ザクロってどうやって絞るの??って皆でワイワイ話しましたが、とりあえず作ってみました。

Fresh pomegranate juice

ザクロの実をとりだし(半分に切って、巨大なスプーン、お玉などで力強く皮をたたくと簡単に実が出て来ます。)、ミキサーにかけ、種を取り除くために、布で絞りました。

その手間をかけても作る価値のある一杯、ざくろ丸1個分。相方まですっかり気に入ってしまい、さぁ、大変。ざくろは、特に女性にいいんだけどなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマリルボーン・ハイ・ストリートにあるペルシャ料理屋さんGalleria(めっちゃ美味しかった!)を紹介してくれたのは、実は、先日のミンスパイを教えてくれたお友達。イギリス生活を綴った素敵なブログロンドン 2人暮らしを発信されてま〜す。

ローストチキン

Merry Christmas!

素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか?ロンドンはお天気に恵まれました。25日は、お店も交通機関もすべてストップ、さながら子供の頃の日本の元旦みたいです(最近は結構お店も開いてますよね。)。今日は近くに住むお友達と、ささやかながらクリスマス・ランチ。ローストチキンを食べながら、3時にはテレビのスイッチを入れ、女王陛下のスピーチを聞く、そんな穏やかなクリスマスでした。

ローストチキン、お腹に詰め物しました。玉ねぎ、セロリ、マッシュルーム、ソーセージの中身炒め、もち米を入れて、チキンストックで水気がなくなるまで火にかけます。トリュフオイルで香りずけ。お腹に詰めて、しっかり閉じて、後は焼くだけ。

 

 

 

 

ジューシーなチキンが焼き上がりました。グレービーソースをかけて頂きます。

Roast Chicken



 

 

ミンスパイ

イギリス来て5回目のクリスマス。
今年こそは、ザ・イギリスのクリスマス、ミンスパイを作ってみよう!
ミンスパイ、来た頃はお肉のパイだと思っていました。お酒に浸したドライフルーツたっぷりのパイなのです。

 

 

 

 

 

実は、このミンスミート、お友達のイギリス人の旦那さまの手作りです。お店で売っているものより、手作りは断然、美味しい。

Mince pie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このシーズン、欠かせないのがモルドワイン。シナモンやクローブなどのスパイスを効かせた赤ワイン。クリスマス・マーケットなどの定番です。

 

 

 

 

普通は赤ワインで作りますが、お教室の前に出したかったので、これは、ぶどうジュースで作ったノン・アルコール。オレンジ、リンゴ、ライムを入れて少し煮込みます。ノン・アルコールでもなかなか好評でした。

Mulled wine

 

昨年、お友達宅で、クリスマスの素敵なおもてなしを受けて、「来年は私も作ってみますっ!」っと、やっと実現。教えてくださったお友達に感謝。

パンケーキ

12月初旬、アメリカを訪れました。

やっぱり大きい。色々なものが巨大。ステーキだけでなく、ど〜んと出てくるフレンチトーストやパンケーキ、圧巻。

 

 

 

 

 

生のブルーベリーがたっぷり生地に入ったパンケーキが気に入ったので、作ってみました。Butter milkが入りの粉(結構重たい)もせっせと抱えて帰ってきたら、あ〜ん、こちらのwholefoodsにも売っていたわ。無くなってもまた購入できる(前向き)!

Blueberry pancake

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカのクリスマス・イルミネーション、美しかった。

沢山友達とも再会できて、13年ぶりだった渡米、満喫でした。

白子のムニエル

このニュルッとした、物体、白子ちゃんです。
いつもお世話になっているプリムローズヒルのお魚やさんからのお裾分け。

白子を調理するのは初めて。

見た目はそそられませんが、ワクワク。

塩をして、冷水で洗うとこのヌメリがきれいにとれます。血合いをとって、少量の白ワインをふりました。

 

 

お魚屋さんの「ムニエルみたいにすると美味しいですよ!」との言葉どおり(なんのひねりもなく、まんま)ムニエルに(笑)。

薄く小麦粉をはたいて、フライパンで焼き、ソースはバターとパセリとレモン汁。
カリッとした外側と、クリーミーな白子、う〜ん、美味し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドン市内、オクスフォード・ストリートもクリスマス一色です。

カナッペ

お客様を招いたとき、ちょっとしたカナッペがあると、なんだか雰囲気でます。

パイ生地をセルクル等でくり抜いて、トレイとトレイに挟んでオーブンで焼きます。そうするとフラットにサクサクに焼きあがります。飴色に炒めた玉ねぎ、チキンパテをのせて。チャツネやフルーツ・ジャムをちょっと塗るとまた美味しさアップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Waitroseに売っている有名シェフHestonのブランド、美味しいですよ〜。お薦めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういば、ナイツブリッジにある彼のレストラン’Dinner by Heston’に行ったとき、有名なみかんの形をしたChicken Liver & foie gras pate頂きました。とてもリッチ、とろけるような美味しさでした。そして、この見た目が可愛い。

パプリカのポテト詰め

これ、何かに見えません?
サンタさんに見えません??

クリスマス近しっということで、遊び心で作ってみました。
パプリカ、ロースト/皮剥き済みのものがスーパーに瓶詰めで売っています。
パプリカのローストは、結構面倒なので、これは重宝。学校で知って以来、たまに使います。

サンタの中身は、マッシュポテトに鯖缶、コーンを混ぜたもの。
ソースはトマトと生クリームにチリ少々。オーブンで少し、焼きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ前に、バスク地方サンセバスチャンのピンチョス屋で食べたパプリカにトマトソース(中はホワイトソース)を合わせたディッシュが美味しくって、そのイメージです。

あさり丼

頂きものの、あさりの佃煮。
そのまま、酒のつまみもいいけれど、長ネギと一緒に煮込んで卵とじ。
出来あえのものに、ちょっと手を加えるだけ。忙しいときのちゃっちゃと料理バンザーイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の強風で、残っていた木々の葉っぱも完全に散ってしまいました。

なんだか、お空がすけすけ、妙に公園がだだっ広く感じるのでした。

ナスのサラダ

なすにオイルを塗って、丸ごとど〜んと焼いた温かいサラダです。

タペナード(ケイパー、オリーブ、アンチョビ) を載せて、オリーブオイルを振りかけます。フェタチーズ、トマトをのせて、はい、出来上がり。

土曜朝の人気料理番組(Saturday kitchen)を見ていて、ヒントを得ました。こちらの料理番組って、誰もエプロンをしないのに、はじめ驚きました。でも、アバウトに気楽に作っている感じがして、これまたいいのです。家庭でもエプロンってあまりする習慣ないのかも知れません。’エプロン持ってません’っていう方、結構、多いみたい。

Aubergine warm salad

© Copyright Y-an