豚まん

2月後半、日はだいぶ長くなってきたものの、、さむっ。先週末の晴天から一転、とても冷えこんでいます。

「肉まんがすっごく食べたい」と横の人が言うもので、、はいはい、作りましょう。
蒸したてホカホカの肉まんは、肉汁がたっぷり。口いっぱい、ほうばって、ああ幸せ。

豚まん

蓮根と青菜のゴマからし合え

日本の練りゴマは高価だけど、Tahini(中東のゴマペースト)なら簡単に手に入ります。

ゴマからし合え

<材料>
蓮根、チャード、Tahini、しょうゆ、みりん、辛し、ごま、あられ

バナナケーキ

ふと、バナナケーキが食べたくなりました。でも、軽いのがいいなぁ。バターをサラダオイルに代えて、ふんわり軽く。オーブンから香ってくるバナナのあま〜い匂いにうっとり。完熟バナナの自然な甘さが引き立ちます。

バナナケーキ

あん肝

当地ではとっても珍しいアンコウ(Monk fish)の肝が入荷したと聞き、いそいそとごひいきの魚屋さんへ。あん肝を調理したのは初めてだったけれど、酒で臭みをとって、ラップで包んで低温のお湯の中でゆっくり加熱。
紅葉おろしがあれば最高なんだけど、、ラディッシュにチリパウダーを混ぜて、そのツモリ。

美味しいあん肝・ポン酢できました、やっぱり今夜は日本酒かしら〜。

あん肝ポン酢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*いつもお世話になっているお魚屋さん@Primrose hill はこちら。日本人の魚のプロいらっしゃいます。La petite poissonnerie

ご汁

くだいた大豆が沢山入ったご汁、素朴な郷土料理が大好きです。
まだまだ寒さが続きますね。温まりましょう。

ご汁

チョコ求肥

Happy Valentine’s Day !

生チョコを求肥でつつ包んだお菓子を作ってみました。
むにゅっという食感のあとに、あま〜いチョコが口に広がります。

チョコの求肥包み

セビーチェ

新鮮な白身魚を、キュッキュッと絞ったライムにつけこんで、ベルーのお刺身マリネのできあがり。刻んだコリアンダーをのせて、召し上がれ。

Ceviche

ベリーソースのパンナコッタ

イギリスのスーパーには、いつもBerryが沢山。
砂糖を少し振りかけて、1分弱チンするだけで、簡単ベリーソースのできあがり。
冷やしたパンナコッタにソースと色々なベリーをのせて、ちょっと可愛いデザートに。

Panna Cotta

インドカレー

インド人のお友達に、おうちで作るカレーを教えてもらいました.

ラム・カレー:
ミントの葉を沢山入れて、骨と一緒にに煮込みます。お肉がトロリ。ラムがあまり得意でない私もはまりそう。

Lamb curry

 

 

 

 

 

 

 

 

海老カレー:

ココナッツミルクを入れるから、お味はマイルド。彼女のこだわりのガラム・マサラで。

Prawn curry

山いものドレッシング

マクロビをやってるイギリス人が”、Jinenjo”っと、日本食材店で定員さん(多分、若い方)に聞いても通じなかったと、、、。’mountain yam’って聞いてみたら?っと、やや適当なことを。。自然薯は、手に入らないですね、ロンドンでは。

すりおろした山いもをポン酢と混ぜて、のどをぬる〜っと通るドレッシングに。

山芋のドレッシング


<材料>
大根、絹さや、トマト、スモークサーモン
ドレッシング:山芋すりおろし、ポン酢、めんつゆ、ゆず胡椒

© Copyright Y-an