びわゼリー

「びわ」がある!と懐かしさいっぱいで飛びつきました。

季節はずれ?!ではなくて、びわ(=Loquart)こちらではこのシーズンに手に入るようです。お店の人によると、スペイン、イスラエルで採れるのだとか。

せっかくのなので、白ワインのコンポート、びわゼリーに。

BIWA, Loquart jelly

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春のロンドン、Magnolia(木蓮)があちこちで満開です。

クレープ 2種

朝食に、クレープはいかかでしょう?

1つ目は、スモークサーモンとロケットサラダのSavory クレープ。
マヨネーズとバルサミコ酢を添えて。

smoke salmon and rocket salad crepe

2つ目は、甘いクレープ。バナナと中にリコッタチーズを入れました。

Banana and ricotta cheese crepe

モロカン・ラタトゥイユ

一昨年、モロッコを訪れて以来、すっかりモロッコ料理のファンなのです。

すり潰したクミンとコリアンダーシードを油で熱し、異国の匂いがしてきたら、色とりどりの野菜を炒め、トマト缶を入れて、ゆっくり極弱火で煮込みます。デーツ(なつめやし)の優しい甘さが野菜を包みます。

Moroccan Ratatouille

 

 

 

 

 

 

 

 
ちょっと前になりますが、お教室でモロカン特集やりました。

桜大福

桜の葉を練り込んだ白餡で、桜大福をつくりました。

桜の香りがふわっと口に広がります。

Sakura daifuku

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドンもやっと春らしい暖かさ。ハイドパークでは、たくさんの人が日なたぼっこ。長かった今年の冬、このまま暖かくなってくれるといいな。

鰯とおくらの混ぜ寿司

甘辛く照り焼きにした鰯と、茹でたオクラ、炒り卵を混ぜ合わせたお寿司です。
ちょっとの粘りのある寿司めしが、意外に美味しくて癖になりそう。

Sardine and Okura sushi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の寒い寒い春、水仙たちも大変そう。がんばれ〜。

白アスパラ

今回もドイツで手にいれた食材、白アスパラ。
旅先で仕入れてきた食材を使って料理するのが、帰ってからの楽しみです。
友人によると、例年に比べ白アスパラの出荷が遅れているとのこと。この寒さですから。。

幸運にも、バーデンバーデンの八百屋さんで、立派なアスパラを見つけました。

フライパンにアスパラがかぶる程度のストックとバターを入れて湯がき、
ストックを煮詰めアスパラから出たうまみもすべてソースに閉じ込めて。

Butter braised asparagus

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

With Smoked salmon and poached egg

 

ちょっとリッチに、スモークサーモンとポーチドエッグを添えて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェで見つけた、白アスパラ。(はい、ホワイトチョコレートです)

ドイツのソーセージ

イースターのお休みにドイツを訪れました。

そう、ドイツと言えば、ソーセージ。

イギリスのソーセージは、つなぎが沢山入ってるので、’パキッ’という食感があまりないのです。久々の本場ソーセージにワクワクしつつ、白ソーセージと偶然みつけたMorcherinというキノコをつかってポトフを作ってみました。

Pot au feu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう一つ。ドイツには、街のいたるところにホットドックのスタンドがあります。初めて食べたのが、Curry wurstというカレー風味のソースをかけたソーセージ。ケチャップの甘みとカレーのピリリとしたスパイスが絶妙のコンビネーション。

このザ・ストリートフードも、おうちでトライ。

Curry wurst

<材料>

トマト缶、ケチャップ、カレー粉、クミンパウダー、玉ねぎ、赤ワイン、水

マッシュルーム・醤油ガーリックソテー

マッシュルームを波状にむくことが、学校の試験課題の一つでした。
これ慣れてくると、案外、楽しくなってくるんです。

 

 

 

 

 

で、沢山、可愛らしいのが出来たので、そのまま和風ソテーに。

あつ〜く熱したフライパンにオイルを入れて、まずマッシュルームを高温で色づくまで炒めます。その後、やや火をおとして、玉ねぎ、ガーリックのみじんぎりを炒めます。風味づけに少量のバターと、醤油。

もし、きのこって炒めると水が結構でるなって思っていたら、強火でジュ〜〜っとお試しください。味が全く違ってきます。

© Copyright Y-an