ゆずのマドレーヌ

ゆずのマドレーヌを作りました。

ゆずの皮を擦りおろして入れたいところですが、手に入らないので、ゆずジャムを使用。
一晩寝かした生地はしっとり焼き上がりました。
うん、これも、いける!ゆずの香りがちゃんとします。
アイシングを薄く塗って、お茶タイム〜。

鴨の和風バルサミコ

イギリスで手に入りやすい食材のひとつが鴨。スーパーのお肉コーナー、チキンとかわらないお値段で売っています。
なので、ぜひぜひ使ってほしい。
鴨肉は、火を通しすぎるとNG。お肉を切ったときにピンク色だと、ニンマリです。
皮から沢山、脂がでるのでフライパンに油を敷かずにコンガリ焼いて、バルサミコとお醤油、酒を加えて、スプーンでかけ回しながら火を通します。焼いたナスと一緒に、器にもって、ちょっとしたおもてなしにいかがでしょう。

パティスリー@ぱり

先日、パリに行ってきました。
冬は、ユーロスターのお得なチケットが沢山発売されるので、片道27ポンド。ありがたい。

昨年の秋にオープンしたパテェイスリーへ。モンマルトルの丘の上にあるGilles Marchal。息をきらして辿りついたお店はなんとも趣味のよい、落ち着いた佇まい。ショーウィンドウには美味しそうなヴィノワズリーが沢山並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

プラザ・アテネやホテル・ブリストルなどでシェフ・パティシエをしていたというシェフはとっても気さくな方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生菓子もさることながら、レモンの効いたマドレーヌ、絶品でした。

Gilles Marchal
9 rue Ravignan, 75018 Paris
+33 185 34 73 30

そして、ピエールエルメへ。
季節限定のイスパハンのモンブラン。

ほのかなローズの香りが、今まで食べたモンブランとはひと味違う。
いたるところで、モンブランに想像。日本だと秋のイメージなのですが、フランスは冬を通して栗のお菓子を食べるのですね〜。。

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつ、イスパハンのパウンドケーキ。


こちらも香り高い焼き菓子です。これは日持ちするからお土産に持って帰れますね。

鯛のあらだき

お刺身を置いてる日本食材店で、その隣に立派な’あら’を見つけると、ついつい手が伸びてしまいます。なぜか、ふつうの魚の身よりもアラのほうが好き。頭とか、かまとか、美味しい身が沢山隠れていて、ほっぺ、なんかたまらない。コラーゲンもたっぷり。

ということで、お煮付けに。白ご飯にお味噌汁、あ〜、日本人でよかった。

鶏のくわ焼き

ちょっと前になりますが、リクエストがあったので、現地の方に和食のレッスンです。「和食」っと言っても、外国人うけするもの、かつその方は日本に住んでらしたので、超初心者、Miso Soup, SUSHIってかんじでもなさそう。
選んだメインは、鶏のくわ焼き。照り焼き系は、みんな大好き。味がはっきりした物が好まれます。

 

そして、どーしても、これを習いたいっと言われた「なす田楽」。
確かに美味しいですね〜。油であげない、蒸し焼きタイプ。少量の油で、あとはお水をたして蒸焼きにするので、カロリー控えめ。でも、とろんと柔らかく、こちらの大味のナスも大変身です。

<メニュー>
・鶏の桑焼き
・なす田楽
・青菜のみぞれ和え
・サーモンの炊き込みご飯
・根菜汁

 

 

喜んでもらえたようで、よかった。一人の方はアメリカ人。何かにつけ’Wonderful’の連発。。恥ずかしくなっちゃいます。

バナナ・シフォンケーキ

日本ではよく見かけるシフォンケーキ、イギリスにはないのです。西洋のケーキではなく、発祥はアメリカなのですが、あの軽〜い食感からはなんだか信じられない。ケーキ自体がないので、当然、型もこちらでは売ってません。ないとなると食べたくなる。。先日、型を日本から買って来ました。

泡立てて混ぜて、焼くだけっという手軽さもいいですね〜。つぶしたバナナを加えたバナナ・シフォン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メープルシュガー・クリームを添えて。ダブルクリームにメープルシュガーを加えて泡立てるとクリームの食感がかわります。しなやかというか、柔らかいというか、メープルの優しい甘さもほどよくて、最近、気に入っています。

© Copyright Y-an