ペルメン

年越は 主人の実家、熊本で。
年末年始に食すもの、地方によって特色あり。そしてまた家庭によって様々違うのが面白い主人の実家では、小麦粉こねこね、ペルメンなるものを作ります。言ってみれば、水餃子なのですが、ルーツはロシアのペリメニ。ポーランド料理にも、ピエロギという水餃子があるので、東欧、ロシアでよく食べられる料理なのですね。

ペルメンの特徴は、ご飯が入ること。炒めた玉ねぎ、牛豚挽肉にたっぷりのニンニクを加えてご飯をいれます。ご飯が肉汁を吸っていいかんじの餡になります。

 

 

 

 

 

 

 

皮は、同量の薄力粉、中力粉に、塩、水を加えて、数時間ねかせたものを綿棒で伸ばします。ギョウザの要領で覚めた餡を包み茹でていきます。

 

もっちもちの食感です。

2015年、お付き合い頂いた皆様に感謝申し上げます。
よいお年をお迎えください。

お正月用 餅

一時帰国の度に、お世話になっている和菓子屋さん。年末は、正月用の餅、一色です。それはそれは、沢山の注文がきます。お寺さんや料亭の大きな鏡餅から、家庭のお雑煮用の小餅まで。初めてお手伝いしてきました。

朝から夜まで、ペッタン、ペッタン。いったい、どれだけ作ったのか、間違いなく一万個以上。

できた餅は、外で冷まします。


なれない作業に腰もパンパン。。

つきたてのお餅でつくった餡もちが、絶品。疲れもふっとびます。人生で食べたどのお餅よりもおいしかった。

地元 福岡 六本松の兎月さん、今年も大変お世話になりました。

メリークリスマス

Merry Christmas !

久しぶり 日本で家族とメリークリスマス。
リースのポテトサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甥っ子には、ミニツリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柿と生ハムの生春巻き、和牛のローストビーフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練り切りサンタ!

柚子釜

冬至の日、かぼちゃを食べて、ゆず風呂に入る。日本の風習っていいですね。
これから少しずつ、日が長くなると思うとホッとします。

大好きな柚子釜を作りました。
生麩と少し焼いた白ネギ、初物の菜の花!を入れて、白味噌風味に。

和風ローストポーク

塩を振った豚の塊肉をオーブンで40分ほど焼いて、醤油、さけ、みりん、ニンニクの摩り下ろしにしばらく漬けこみます。
漬けこんだタレの酒をとばして、お酢、ごま油を加えて、ドレッシングにします。
たっぷりお野菜と。茹でた豆もやしとよく合います。

柚子タルト

生の柚子をふんだんに使えるのは、なんとも嬉しい。庭先になったという柚子を頂いたので、柚子タルトに。
チーズケーキとの2層仕立てにしてみました。チーズケーキは、クリームチーズと水切りヨーグルト。柚子カスタードは、柚子の絞り汁、バター、全卵一個で。

最近購入した、長方形タルト型♩

生地もサクサク、爽やかなタルトになりました。

蓮根饅頭

摩り下ろした蓮根は、焼いても蒸しても、もっちりした食感が美味しい。

おろした蓮根に、醤油、みりんをたらし、粗く刻んだ海老を混ぜて、蒸し器で10分ほど。人参とえのき入りの和風あんをかけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、紅葉が少し遅いようで、まだ綺麗ですよ〜。お天気がいい日は青空とのコントラストがいいですね。

きな粉クッキー

10ヶ月の甥っ子は、離乳食まっさかり。よ〜く食べます。
初めてのクッキー。
砂糖が入っているものは、まだあげていないので、メープルシロップときな粉でほんのりとした甘さに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べてくれるかなーー、どきどき。
来た〜〜。

気に入ってくれたようです。このクッキー、バターも入っていないので、ボリっと結構固めです。前歯しか生えていない赤ちゃんには固すぎたかな?っと思いきや、ずーっとしゃぶって1枚で20分ほどもちます。お母さんいわく、食べ過ぎないから、かえって、ちょうどよいんだとか。
何が入ってるか知ってるので手作りは安心ですね。

クロック?サンドイッチ

ランチにボリューム満点のサンドイッチ。
ハム入りのクロックムッシュ、卵のせのクロックマダム。一体これはどっち?!
おうちにあるもので作っちゃいます。
食パンの上にソテーしたほうれん草、ソーセージ、ホワイトソースをのせて、トロけるチーズに、卵までのせます。
しかも、卵は半分こ、 笑。

焦げ目がつくまでオーブンで焼きます。

牡蠣ご飯

一時帰国中です。
最近、よく帰っているので、半年弱ぶり。でも、やっぱり和食は嬉しい。

牡蠣のシーズンなので、牡蠣ご飯。
ごぼうのささがきとともに、出汁、醤油、酒で、3分ほど牡蠣に火をとおして、そのお出汁でご飯を炊きます。
牡蠣は、ご飯がたきあがったら炊飯器に戻して蒸らします。生姜の千切りも加えて、さっぱりと。ふっくら美味しくできました。

 

 

こちらは、冬になると登場する福岡、糸島の牡蠣小屋。おおにぎわいです。
牡蠣の汁がとばないように、みんなお揃いのジャンパー着て、アツアツをいただきます。

© Copyright Y-an