うぐいすと梅

和菓子を作っていて嬉しいのは、なんといっても身近に感じた季節を表現できること。

こんな梅を楽しみながら、今月のレッスンは鶯もちと練切り梅でした。

求肥製の鶯もちは、青きな粉が春らしいですね。

練切りは生地作りからチャレンジです。皆さま、練切り作りは初めてでしたがすごく集中して作って、終わった時には「ハァ〜」と。お茶タイムが待ち遠しい。

求肥が作れると、こんなお茶受けも。ゆずジャムを加えたゆず餅にしてみました。

ホームパーティのお手伝い

ドイツ人の知人からのご相談。

「20名ほどのホームパーティを開くので、何か日本のローカルフードを作りたい!」

ということで、実践出張レッスン(?!)のような形で一緒にお料理させて頂きました。

シンプルなおつまみ系とお味噌汁がいいとのことだったので、竜田揚げ、なす田楽、サラダ、おにぎり、豚汁 などなど。

日本に住んで半年の方、目下、日本語勉強中。私は別の仕事で、買物を手伝えないので、全て材料の買い物をお願いしていました。英語と日本語、両方買い物リスト書いていましたが、Gobouとか、Daikonとか、Mirinとかきっと??? だったことと思います。同僚の日本人の方のサポートもあり、頑張って材料揃えてくれました。

私も初めて行くキッチンなので、ドキドキです。確かに、日本人のおたくならばありそうなキッチン用具が色々ないのですが、ないものはないなりに、なんとかかんとか。

一緒に楽しく作りました。もうお一人手伝いに来てくださった方のヘルプも絶大で、チャキチャキ作業、わ〜い、できた!

お客様は日本人を含む8国籍。ゲストも皆さま、楽しんで頂けたようで何よりです。

 

 

 

 

My味噌できた!

今週は、味噌ワークショップでした。

英語の会と日本語の会、皆でワイワイ、楽しんで頂けたようです。
味噌は日本人のソールフード、外国の方にも興味を持って頂いて嬉しい限りです。

那須塩原のお味噌屋さんから送って頂いた米麹、大豆、沖縄の美味しいお塩を使って作りました。

煮大豆を潰し、塩切り麹とこねこね混ぜ、皆で味噌玉をえいっ!
一人で作るよりも、うんと楽しいです。

お味噌を作った後は、皆で昨年の味噌で豚汁を作りました。
そして、色々なお味噌のテースティング。
改めて食べ比べると、こんなに違うの?っと楽しいですねぇ。

寒仕込みと言って、寒い今の時期に仕込んだお味噌は、これから気温の上昇とともにもゆっくり熟成していきます。暑い夏を経て、お味噌が仕上がる秋口が楽しみですね。

「日本で、味噌作り体験。Koji ってなに?から始まり、学ぶこと満載でした!」とリトアニアの方。

「長年、主婦やっていて、やっと味噌作りに参加できる機会があって念願かないました。」親世代のお母様。

「自分の味噌をこれからおうちで見届けるのが楽しみです!」と社会人2年目の若者。

 

色々な方々にそれぞれ楽しんで頂き、一生懸命、大豆煮てよかったです〜。

美味しいお味噌ができますように☺️

和菓子とコーヒー

いつもお世話になっているMayuka先生のIkeru Lesson(生け花レッスンに、毎月の花材に合わせたお菓子を提供しています)。遅ればせながらの新年会?交流会。
お菓子を担当させて頂きました。

楽しみにしていたのが、「コーヒーと和菓子のコラボ」。Viva Coffeeのビバさんが美味しいコーヒーを入れに来てくださいました。ビバさん、以前お会いして以来、すっかり大ファン。美味しいのです、Vivaさんの入れるコーヒーが。酸味も柔らか、ものすごくあんこに合うコーヒー。

そんなコーヒーに合わせるべく、5種のお菓子をご用意しました。

・くるみとイチジクの羊羹
・ゆず風味の抹茶ロール
・鶯餅
・くるみゆべし
・艶干錦玉の梅

胡桃とイチジクの羊羹が特に人気でした。クルミの香ばしさがコーヒーに合うのですね。

お花が、とても素敵でしょ。生徒さんが生けたお花と春コラボです。

35名ほどの参加者。皆さん、年齢もバックグランドも違う「お花」で繋がる不思議なご縁。お話していてとても刺激を頂きます。Ikeru生け花の魅力は「花との対話」「自分と向き合う時間」「集中」「無になれる」「得られる充実」「Ikeru=Ikiru」参加者のそんな感想にどれも納得。ちなみに、私は「空間を生かす美学」がハマりポイントです。

 

ビバさんのコーヒーとコラボできたこと、Ikeru皆さんとの楽しい会話、いい時間を過ごしました。

これからも応援します。

(募集)3月の和菓子レッスン

桜の蕾が、膨らんできているのに気づいてなんだかそわそわ。

寒暖差の激しいこの頃ですが、立春も過ぎ着実に春の訪れを感じます。

今年の桜はいつが見頃でしょうか。この季節になると、「桜餅」食べたくなりますね。

「桜餅」と聞いて、思い浮かべるのは、道明寺、それともクレープ状のものでしょうか?
関東風と関西風と違いますね〜。

そんなわけで、桜餅東西対決!っと、闘うわけではありませんが、それぞれに美味しいので両方作ってみようと思います。今回は桜餅づくしのレッスンです。

<季節のレッスン>

3月13日(水)10:00 より

3月16日(土)10:30 より

3月17日(日)10:30 より

3月19日(火)10:00 より

状況により、3月23日(土)も追加します。

 

【作るもの】

・桜餅(関西風)
もち米を蒸して乾燥させた道明寺粉を使って、桜餅を作ります。プチプチした食感がとても美味しいです。お手軽に作れます。

・桜餅(関東風)
関東の桜餅は、小麦粉を使って作るクレープ状のもの。粉に、少し餅粉を加えてもっちりした食感を楽しみます。焼印などで仕上げても可愛いですね。

【料金】:6000円

【所要時間】約3時間

【日程】上記に加え、グループで参加希望の場合は、調整いたしますのでご連絡ください。

【持ち物】:エプロン、手拭き、手提げ袋

【人数】:2〜5名

【場所及びアクセス】

渋谷区千駄ヶ谷:副都心線北参道駅より徒歩3分。JR千駄ヶ谷駅、大江戸線国立競技場駅より徒歩6分。

(お申込み完了後に詳細をお知らせします。)

<体験レッスン>
体験レッスンをご希望の方は、調整しますのでメールにてご連絡ください。

【申込み方法】

メールにてお名前、電話番号、ご希望日時をお知らせください。こちらよりご連絡いたします。

メキシコからのお客様

今日は、久しぶりのしっかりとした雨。お足元悪い中、メキシコからのお客さまでした。

娘さんは日本在住7年。メキシコからお母様がいらっしゃるとのことで、一緒に「抹茶ケーキを習いたい」とのリクエスト。実は、お母様、メキシコでケーキ屋さんをされているのですって。抹茶を使ったケーキもいつか出したいなぁと。欧州では、数年前から抹茶は大流行り、きっとメキシコでももうすぐbreakするかしら。

お教えしたのは、昔ロンドンでよく作っていた、白あん生クリーム入りの抹茶ロール。ゆず風味の寒天ゼリーをアクセントに。

 

そして、練り切り体験。さすが手先が器用な親子さん、もちろん初めてとのことですが、とっても綺麗に作ってくださいました。素敵な笑顔ですね!(お写真OKとのことなのでお借りしました。)

 

お母さまが、熱心にメモをとる姿が印象的です。手に入る材料は違うかもしれませんが、でもきっと美味しい和風ケーキを作ってくださることでしょう.

 

Mucho gracias !

 

 

© Copyright Y-an