2月の和菓子レッスン

2019年2月のレッスン情報です。

<季節のレッスン>

2月13日(水)10:00 より

2月19日(火)10:00 より

2月23日(土)10:30 より

2月24日(日)10:30より

【作るもの】

・うぐいす餅

春の訪れを告げる鳥といわれる鶯をモチーフにした早春のお菓子を作ります。
柔らかい求肥で漉し餡を包む餅菓子です。
ー 求肥の作り方を学びます。基本を覚えておくと、他のお菓子にも応用ができます。

うぐいす餅

・練り切り(梅)

上生菓子の練り切りを生地から作ります。白あんに、求肥を混ぜて作る生地です。生地ができれば色々な上生菓子が作れるようになります。2月は梅をテーマに作ります。

【料金】:6000円

【所要時間】約3時間

【日程】上記に加え、グループで参加希望の場合は、調整いたしますのでご連絡ください。

【持ち物】:エプロン、手拭き、手提げ袋

【人数】:2〜5名

【場所及びアクセス】

渋谷区千駄ヶ谷:副都心線北参道駅より徒歩3分。JR千駄ヶ谷駅、大江戸線国立競技場駅より徒歩6分。

(お申込み完了後に詳細をお知らせします。)

<体験レッスン>
体験レッスンをご希望の方は、調整しますのでメールにてご連絡ください。

【申込み方法】

メールにてお名前、電話番号、ご希望日時をお知らせください。こちらよりご連絡いたします。

ガレッド デ ロワ

日本でも、だいぶ知られるようになってきたガレッド デ ロア(Gallette des rois )。1月6日はキリスト教の公現祭(東方の三博士がイエスの誕生をお祝いした日、公に現れたっとの由来)。この日にフランスで食べられるお菓子です。

折りパイにフランジパンというアーモンドクリームを入れます。中にフェーブという陶器の小さな人形をしのばぜてあって、切り分けてそれが当たった人は、その一年幸運がおとづれるというものです。年あけのちょっとした運だめし?

っということで、作ってみました。私が作るとちょっと和風になるのですが(笑)アーモンドクリームに白あんを混ぜています。しっとりして美味しいのですよ。

フェーブ(Feveもともとソラマメという意味)の代わりにナッツを入れましたが、当たったのは家族で遊びに来たお友達一家お母さん。ラッキーイヤーですね。

2019 謹賀新年

2019年 新年明けましておめでとうございます。

皆さまにとりまして良き年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

東京で新年迎えておりますが、私の出身、博多雑煮でスタートです。

焼きあごのお出汁、ブリ、丸餅、本当はかつお菜が欲しいところ。博多雑煮はとっても具たくさんです。

お節もなんだかんだで作りました。お友達が来て、喜んでくれたのが嬉しかった。
おすすめは、白あん、裏ごしした栗とお芋で作った栗きんとん〜。甘さ控えめで進みます。

元旦、見事な快晴でした。明治神宮へ
この晴れ渡った空のような穏やかな一年になりますように。

花びら餅ワークショップ

お正月用の花びら餅ワークショップ、無事終了しました。

成形がちょっと難しいけれど、和菓子作りが初めての方も、一所懸命作ってくださいました。お正月、ご家族と手作り和菓子お楽しみくださいね。

今年もあと僅かですね。
和菓子に興味をもち、お教室に足を運んで下さった皆さま、ありがとうございました。

皆さま よい年をお迎え下さい。

メリークリスマス

皆さま

どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください!

練り切り製のホワイトクリスマスにしてみました。

 

© Copyright Y-an