ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワを作ってみました。このお菓子、フランスで1月6日のエピファニー(公現祭)を祝って食べられるお菓子です。この日は、キリストの誕生を知った東方の三博士がベツレヘムのキリストのもとへやって来たことを祝うのだとか。最近は、一月中、フランスのケーキ屋さん、パン屋さんで売られているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイの中身は、クレームダマンド(アーモンドとバターベースのクリーム)で、とてもシンプル。今回は、それにカスタードを合わせたフランジパンで作りました。
サクッと焼いた生地と、優しいクリームが素朴だけど、美味しいのです。
パイの中には、フェーブという陶器の小さな人形が入っていて、それが当たった人は、幸運が訪れるっという言い伝え。
友人宅に招かれた新年会に持って行ったのですが、人数分だけ切り分けて、「さ〜、誰のに入ってるかなー?」っとワクワク。
「私の入ってないよ〜」「私のも入ってないよ〜」
「え、え〜〜〜!」
残念ながら、切り残した分に入っていたらしく、、、その場の該当者なし(笑)

と、言うことは、お友達の小さなお子さんの分(学校から帰ったオヤツ)に入ってるっということで、彼が今年のラッキー・パーソン。それはそれでよし!

 

 

で、フェーブを持っていないので、私が中に入れたのは、実はこのコ。

陶器でできた犬の箸置きでした(笑)。

© Copyright Y-an