ガレッド デ ロワ

日本でも、だいぶ知られるようになってきたガレッド デ ロア(Gallette des rois )。1月6日はキリスト教の公現祭(東方の三博士がイエスの誕生をお祝いした日、公に現れたっとの由来)。この日にフランスで食べられるお菓子です。

折りパイにフランジパンというアーモンドクリームを入れます。中にフェーブという陶器の小さな人形をしのばぜてあって、切り分けてそれが当たった人は、その一年幸運がおとづれるというものです。年あけのちょっとした運だめし?

っということで、作ってみました。私が作るとちょっと和風になるのですが(笑)アーモンドクリームに白あんを混ぜています。しっとりして美味しいのですよ。

フェーブ(Feveもともとソラマメという意味)の代わりにナッツを入れましたが、当たったのは家族で遊びに来たお友達一家お母さん。ラッキーイヤーですね。

© Copyright Y-an