バゲット

フランス人は、本当に、バゲットを手にもって歩いてて、裏切らない、イメージ通りの光景をよく見かけます。

 

毎年、パリではバゲット(フランスパン)のコンクールが開催されています。優勝したお店にはバゲットを一年間、大統領が住むエリゼ宮に卸す権利が与えられるのだとか。とっても名誉なことですね。

グランプリをとったお店に行ってきました。

 2014年 優勝

SARL AUX DELICES DU PALAIS (60 boulevard Brune 14区)

 

 

 

 
2013年 優勝

Au Paradis du Gourmand(156 rue Raymond Losserand 14区)

 

 

 

 

 

2010年 優勝 Le Grenier à Pain (38 rue des Abbesses, 18区)

 

 

 

 

 

 

 

確かに、どこもそれぞれおいしい!皮が香ばしい。味に深みがある。

不思議なのは、これらグランプリをとったお店の他のパンが美味しいかというと、いたって普通。クロワッサンなどは、見かけからしていけてない。そうそう、学校の先生が言ってました。パリのパン屋の80%は、自分のところでクロワッサンを生地から作っていないそうです。冷凍の生地を買って来て、それをお店で焼いているのだとか。確かに、クロワッサンを作るにはパイ生地を折る機械が必要だから、小さいお店では無理なんでしょうね。でも、逆に、バゲットは、パン屋さんのが美味しい!

で、私的にはどのパン屋さんが好きかと言うと、結論、近所の(賞などとったことのない)パン屋さん!なぜか?焼きたてが食べれられるから!ラッキーなことに、そのパン屋さん、夕方にもバゲットが焼き上がります。だから夕方はいつも帰宅途中の人が行列。やっぱり焼きたてが一番おいしい。

バゲットと共に食べたいバター、フランスは乳製品の国。バターが美味しすぎてこれまたキケン。基本、こちらのバターは無塩です。エシレ (Echier) やボルディエ(Bordier)バターが有名ですが、私はこのイズニー(Isigny)のバターにハマりました。。。いや、本当に、あぶない。

 

 

 

 

イチジクのコンフィチュール

さ、寒い、、、。ここ10日ほど、とても夏とは思えない気候が続いています。最低気温、7度。。とうとう、ヒーターを引っぱりだしてしまいました。。果たして夏は来たのか、終わったのか。夏服しか持って来ていないので、洋服に困ります。きっと農作物にも影響があるのかも。

果物屋さんに並ぶイチジクに惹かれて、コンフィチュール(ジャム)を作ることに。日本とはイチジクと色が違いますね。濃い紫色をしています。皮もやらかいのでそのまま食べられます。イチジクは大好き!
作り方はいたって簡単。お鍋に、砂糖、少量のお酢(リンゴ酢を使用)、水をいれて、砂糖がとけたら、生のイチジクを投入して煮込むだけ。お酢をちょっと入れると、甘過ぎずにできあがります。

 

 

 

 

 

 

 

適当に煮詰まってとろ〜りとしてきたら火から下ろす。

 

こんなかんじにできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食用、田舎パンにのせてタルティーヌ(パンのスライスに何か塗ったもの)に。イギリスの朝食が、ソーセージや卵などしょっぱいものなのに対して、フランスの朝ご飯は、コンフィチュールをたっぷり塗ったパンやパン・オ・ショコラなど甘いものです。フランス人的には、「朝からしょっぱいものなんか食べられなーい!」っと。「日本は?」と聞かれて。ふむ、ご飯とおみそ汁なら、しょっぱい系ですかね。最近はパン食が増えてると思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折角なので、大好きなパン屋さん、ポワラーヌへ田舎パンを買いに(その辺のスーパーでもここのパン売っているのですが、気分的にお店で買うと美味しい気がする。)。「あ〜、クッキーもエッフェル塔だぁ」とついつい買ってしまいました。ここのクッキー、ロンドンでもよく買うのですが、素朴な味がクセになります。

8 Rue du Cherche-Midi, 75006 Paris (Saint-Germain-des-Prés district)
49 bld de Grenelle, Paris 75015 (Eiffel Tower district) ←私が行ったのはこちら。

ヴィエノワズリー

今週、前半はヴィエノワズリー(折り込み生地をつかったパン)の授業です。ブリオッシュやクロワッサン、パン・オ・レザンを作りました。
先生が代わったので(というと前週の先生に気の毒ですが)すごく、分かりやすくなりました。「そう、そう。そういう初心者用の説明が必要なの!」と頷くこと沢山。相変わらず先生の仕上げを見ていることは多いけれど、やや、光がさしたかんじ。

Viennoiserie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tarte Tropezienne(トロピジエンヌ)という南フランス(Saint-Tropezという地方)のお菓子、初めて食べました。大きな円形に焼いたブリオシュ生地に、生クリームとカスタードクリーム、コワントロー(オレンジ風味のお酒)を混ぜたものをたんまり挟みます。でも、食べてみると、凄〜く軽い。気に入りました。

Tarte Tropezienne

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、ちょっとびっくりしたことが。今日、学校のすぐ隣にある商店に強盗が入りました。。お店の奥さんが学校に飛びこんできて、「警察呼んで」と助けを求めにきたのだとか。ちょうど下校時。ポリスを横目に見ながら帰宅。治安のよい地域と言われているのですが、けっこう怖い。ま、大都市はどこでもそうなのでしょうけれど。気をつけないと〜。

クロワッサン

おうちで初めて挑戦、クロワッサン。捏ねる機械もないので、手ごねで頑張ります。
バターを折り込んで、綿棒で生地をのばして、あっ、バターはみ出てきた。。。
なんとか形になりましたが、はい、これから練習しまーす。

Croissant

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ロンドン市内にある大好きなオーガニックカフェ、Daylesfordの本店を訪れました。 Gloucestershireにある巨大な敷地にファームと、レストラン、ショップが併設。カフェ・メニューは市内で食べるものと変わりませんが、広い空間と窓のむこうの牧草地。なんだかいつもより美味しく感じます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口のDog parking には、お利口さんが2匹、飼い主さんを待ってました。

最近、パッケージが新しくなった紅茶。中も透明のサックなので、可愛いくて軽いし、お土産にバッチリ。

パン作り(その3)

10日間のパンコースが終了しました。

怒濤の10日間、まぁ、作る作る。これでもかぁ!っというほど焼きました。
ヘトヘトです。フランスパンのように、外がカリっとしたもの、クロワッサンやブリオシュのようにバターたっぷりの柔らかパン、ストーレンやパネトーネなどのセレブレーション・ブレッドなどなど。

使う粉、捏ね方、発酵の時間や温度で全く違う焼き上がり。パンの世界は奥深いなぁ。
毎日、大量のパンを持ち帰り、消費に協力してくれたご近所さんたちに感謝。

Pain au raisin


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

パン作り(その2)

Pain de Surprise、サプライズ・パンを作りました。

フランスの伝統的なこのパン、ピクニックなどに持って行くちょっととしたおもてなし用のパンなのだとか。

Pain de Surprise

ライ麦の生地にデコレーションを施したこのパン、中をくり抜いて、くり抜いたパンでサンドイッチを作ります。

パン作り(その1)

古巣の学校で、10日間のパンコースを受講中。

前から面白そうっと思っていたパン作りは、全くの初心者。あれれ、でも周りを見渡すと、ワオ!経験者ばっかり。既にプロとして働いている人や、海外からビジネスを開くために学びに来た人。「しまった場違いなところに来てしまった。。」と、思っても仕方がない。あとはひたすら捏ねるだけ。

一日で作る量が凄まじい。↓これでも、写真に入ってないものあり。う〜ん、近所に配るのも一苦労。

前半は、皮のパリっとしたフランスパンやライ麦、シリアルなどを使ったパンを中心に。

© Copyright Y-an