梅ドリンク

先日 仕込んだ梅シロップはいい感じに仕上がりまして、

 

ワークショップにいらした生徒さんから、「飲みました〜、美味しい〜」との声。

シロップを使った梅デザート。
わらび餅に梅シロップをかけていただくとさっぱり。
トッピングは梅ソルベです。少しゼラチンで固めた梅ジュースを固めてソルべにしました。

そして、残り梅で梅パウンドケーキ。
ふんわりしてて、酸味がアクセントになって美味しくできました。

ガレッド デ ロワ

日本でも、だいぶ知られるようになってきたガレッド デ ロア(Gallette des rois )。1月6日はキリスト教の公現祭(東方の三博士がイエスの誕生をお祝いした日、公に現れたっとの由来)。この日にフランスで食べられるお菓子です。

折りパイにフランジパンというアーモンドクリームを入れます。中にフェーブという陶器の小さな人形をしのばぜてあって、切り分けてそれが当たった人は、その一年幸運がおとづれるというものです。年あけのちょっとした運だめし?

っということで、作ってみました。私が作るとちょっと和風になるのですが(笑)アーモンドクリームに白あんを混ぜています。しっとりして美味しいのですよ。

フェーブ(Feveもともとソラマメという意味)の代わりにナッツを入れましたが、当たったのは家族で遊びに来たお友達一家お母さん。ラッキーイヤーですね。

ノエル

友人宅にクリスマスのお招きを頂きまして、イギリス人の旦那さまが、大きなターキー(7キロ)を焼いてくださいました。日本で、こんな立派なターキーを入手するだけでも大変!しっかり凍っていたので解凍するのに1週間近くかかったのですって。3時間ゆっくりオーブンで焼かれたターキーはジューシーでとても美味しかったです〜。用意してくださった他のお料理も美味しくって、幸せなひと時でした。

私はケーキを担当させていただきました。
やっぱりチョコレート系かな。。っと久々の洋菓子作りです。
ココアのロール生地に、チョコレートムースとチョコクリームを巻きました。中にラズベリーのジェリー(っというか羊羹なのですが、、笑)とピーカンナッツを忍ばせて。かなりリッチなお味。チョコの飾りを作って、クリスマスなので、華やかに飾ってみました。

 

 

甘夏

友達のお家の庭になった、夏みかんを沢山いただきました。
もちろん、無農薬。

定番マーマレードとレモンカードならぬ甘夏カードを作りました。
甘夏カードはトロ〜んと滑らかで、ヨーグルトにパンに、大好評。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、作ったジャムやシロップ漬けを使って、甘夏デザート、オンパレード。
 甘夏タルト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 甘夏パフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 甘夏シフォンケーキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りんごとゴマのケーキ

ちょっと和風のりんご焼き菓子。

アーモンドの生地に、白餡を練りこんで、しっとりふんわり。
りんごのソテーを混ぜ込んで、上には黒ごまのクランブル。

ルーネベリタルト

フィンランド雑貨を都内で営むお友達、お店開店10周年!

お祝いのレセプションに、フィンランド菓子を差し入れました。

ルーネベリタルト。カルダモンなどスパイスを効かせて、ベリーのソースをのせて飾ります。
本物、食べたことないのですけどね 笑、想像しながら〜。

アフタヌーンティー

お友達が来たので、久しぶりにカヌレとスコーンを焼きました。

3段トレイを取り出して、頂いた泡を飲みながらちょっと優雅にアフタヌーンティー。

日本の粉でスコーンを焼くと、グルテンが少ないせいか軽めに仕上がります。

お米コーヒーのクッキー

アルバイトしているマクロビカフェの依頼を受けまして、お米コーヒーを入れたクッキーを作りました。
全粒粉、米粉、クルミ入りで、ザクザク食感です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッピングをするといい感じ。
アイデアをくれたバイトさんに感謝〜。

バレンタインなのに。。

バレンタインですねぇ。

あれ? なんでショートケーキ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はちょっとチョコレートが苦手なのです。。。笑
たまーに お酒と頂きますが。

ベリータルト

あら、近所に、軽トラックでお野菜を売りに来ているおじちゃん、フレッシュベリー 売ってる!
しかも1パック 500円って、東京ではなかなかない。即購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクロビ仕様にバターなし、米粉を加えたタルトにチャレンジしたものの、モロモロ感が難しい〜。

© Copyright Y-an