ロンドンの食事

さて、お楽しみのロンドンの食事。

イギリスの食事は不味いなんてだいぶ前の話。たっくさん美味しいものあります。
国際色豊かな都市なので、色んな国の料理が一気に食べられます。

最近できたいいお店も沢山あるのでしょうけれど、昔、通ったお店を訪ねるのは、やっぱり嬉しいものです。

Barrafina (Soho のスパニッシュレストラン)

場所は変わっていたけれど、味は変わらない美味しさ。

見事なエビ、これはスペイン産みたいです。

クジェットフラワー(ズッキーニ)の天ぷらは、中にとろりとフェタチーズが入っていてハチミツと合います。

 

Princi (Soho)
ミラノに本店があるイタリアのパン屋さんカフェ。
なんと言ってもお店がスタイリッシュ。

 

La Fromagerie (マリルボーンハイストリート)
よく通ったフランスのチーズ屋さん。ここのカフェがおしゃれでまた好きなのです。


Daylesford (マリルボーンハイストリート)
コッツウォルズにファームを持つ可愛いカフェです。お土産にぴったな紅茶やイギリスお菓子もありますよ。

 

Higgins Coffee(オクスフォードストリート近く)
コーヒーと紅茶のお店。ほんと美味しくていつも買って帰ります。

 

Merlose and Morgan (プリムローズヒル)
このカフェの豆乳ラテとベイクウェルタルトが大好きです。でもベイクウェルタルトは、しばらく作ってないのですって。また作ってください!

 

Oliveto (ヴィクトリア)
サルジニア料理の店です。系列店もいくつかありますが、石窯ピザも食べたれるこのかジェアルなこのお店が好き。

Burrata (ブラータチーズ)絶品です。

ボッタルガ(からすみ)パスタもここならでは。

バッファロ モッツアレラのマルゲリータもとろっとろ。

シメはいつもこのブルーベリーヨーグルトアイス

 

 

おきまりのスーパー、Waitrose
このチーズの品揃えが、やっぱり嬉しい!

イギリスはとにかく乳製品が美味しくて、、ヨーグルトに、ダブルクリームに、バターに、チーズって大変なことになってしまいそうですが、止まりません。お気に入りのグリークヨーグルトハチミツ味を毎朝食べました。

そして、愛してやまない、フムス(ひよこ豆のペースト)です。中東系の食べ物ですが、イギリスには至るところにこのフムスが売っています。着いた翌日、友人宅のランチに招かれたのですが、ちゃーんと私がフムスが好きなのを覚えていてくれて、フムス&ピタパン!とキヌアの前菜。やった!

さらに嬉しかったのが、デザートを作っていてくれたのですが、どこかで見覚えがあるような。。。
「あれっ、もしかして」
これ教えたの私でした。う、嬉しすぎる<涙> ダブルクリーム、やっぱり美味しい。

堪能したロンドン、旅も終わりです。
また来ます。

波佐見・有田陶器市

10連休前半、九州に帰省して、波佐見と有田の陶器市に行ってきました。

今回のお目当ては、波佐見なのです。有田陶器市は、何回か行ったことがあるのですが、波佐見はまだ行ったことがない!ということで、波佐見から。

残念ながら朝から雨。

それでも、お目当ての一真釜にはこんなに人、人。

南創庫のお隣、Inozakiコーヒーで一休憩。

その後、有田に移動したのですが(車で15分の距離です)、途中からすっごい雨。写真もとれす。。

それでも、色々、堪能して、友達に教えてもらった東京豆皿市にも出店されている水谷和音さんの素敵な器(左)をゲット。右は、波佐見の利左衛門釜。

雨だったけれど、大好きな器に囲まれて幸せな1日でした。
お教室で器を使うのが今から楽しみです。

とらや工房

ずっと行きたかった、「とらや工房」に行ってきました。
そう、あの虎屋さんの御殿場にある工房&カフェです。テレビに出て以降、週末は数時間待ちのすごい行列だったとか。

平日はとても静か。入り口も素敵です。

竹林のアプローチを経て、静寂の空間が広がります。

池の向こうに、素敵な建物が。

隣に工場を横目でのぞきつつ

お菓子が気になって仕方ない。。

念願の虎屋さんのお大福!と季節限定の桜もち。 東京の本店では売っていないのです。
上品なお餅に幸せなひと時。

白小豆のどら焼きも。

敷地のお隣、東山旧岸邸(岸信介の邸宅)もとても素敵でした。
機会があったらぜひ行かれてみてください。

http://www.toraya-kobo.jp/

© Copyright Y-an