甘夏の季節

巣篭もり生活をしていても、季節は着実に進むもの。

友人から、ご実家のお庭になった立派な甘夏を頂きました。

年によって沢山なる年とそうでない年があるそうなのですが、今年は豊作だったとのこと。

もちろん無農薬。わ〜、貴重。皮まで全て堪能したい。

ということで、甘夏しごと。

皮と実を分けて、実のまわりの薄皮をむく。それなりの大仕事。家中が、甘酸っぱい爽やかな香りに満たされて、黙々と手を動かす週末。

・甘夏ピール

内側の薄い皮を取り除き(苦味が強いので)、茹でこぼすこと4回。お砂糖と煮詰めて、乾燥させます。1日置いたら、頃合いをみてお砂糖をまぶして完成。

チョコレートでコーティングしてもゴージャス。

・甘夏ジャム

柑橘の皮にはペクチンが豊富なので、砂糖と煮詰めていけば自然とマーマーレードに。

丁寧にアクを取りながら、コトコト、黄金色になるまで

パンやヨーグルトに入れても、パウンドケーキなどお菓子に入れてもいいですね。

・甘夏カード

もう一つお気に入りなのが、レモンカードならぬ甘夏カード。甘夏の果汁に、砂糖、卵黄と溶かしバターを混ぜて、湯煎でゆっくりとろみをつけていきます。甘すっぱくて、いつまでも舐めたくなります。

・甘夏タルト

ちょっと手間がかかるけど、甘夏尽くしのタルト。サクサクの焼きたてタルトに、ヨーグルト・クリームチーズと甘夏カードの2層仕立て。上に甘夏のシロップ漬けをのせて。

幸せティータイム。甘酸っぱい甘夏カードとクリームチーズは相性抜群。

今年も、甘夏の恵みを存分に楽しませて頂きました。

ごちそうさまです〜。

スコーンレッスン

年明け、初めのレッスンは、スコーンとトライフル。
お正月、沢山の和食が和菓子召し上がったかな?とちょっと気分転換。

イギリスに住んでいた頃に覚えたスコーン。
レシピ云々よりも、とにかく焼き立てを食べて欲しくて。焼き立てに勝るものはありません。

またまた綺麗なお写真をとって頂きました。ありがとうございます。


3段トレイって、ちょっとテンション上がりますね。

トライフル、ベリーの酸味とカスタードが嬉しいデザートです。
全卵1個で作る、お家デザートにぴったりの簡単カスタード ご紹介いたしました。

こちらは、冷めても美味しいおやつスコーン。
アールグレイとイチジク
抹茶の小豆サンド

イノセント、それは大好きなスムージー

イギリスにいる頃によく飲んだスムージー、’innocent’がついに日本に上陸しました。
嬉しいです、これを日本で飲めるのは。

もともと大ファンだったこのドリンク、縁あって、少しだけお手伝いをさせて頂きました。
お店で棚にジュースが陳列させているのを見て感動〜。よく来てくれたっと。

濃縮還元でない、果物、野菜をミックスしたこのジュースは、本当に美味しい。
都内(渋谷区、新宿区など)一部のセブンイレブンで購入できます。徐々に、販路を拡大していくそうです。
ぜひ飲んでみて欲しいです。

梅ドリンク

先日 仕込んだ梅シロップはいい感じに仕上がりまして、

 

ワークショップにいらした生徒さんから、「飲みました〜、美味しい〜」との声。

シロップを使った梅デザート。
わらび餅に梅シロップをかけていただくとさっぱり。
トッピングは梅ソルベです。少しゼラチンで固めた梅ジュースを固めてソルべにしました。

そして、残り梅で梅パウンドケーキ。
ふんわりしてて、酸味がアクセントになって美味しくできました。

美しい街と食(リスボン)

レッスンを終わってホッとひと息、1日だけリスボン観光と食を楽しみました。

リスボンは美しい海辺の街です。赤煉瓦と青い空と海が見事なコントラストです。

 

とても丘が多く、歩くと急な坂にびっくりします。

食はとても豊かです。海が近いので魚介は豊富でとても新鮮。たっぷり太陽を浴びた野菜に、果物。素材がものすごくいいです。

塩焼きにしてオリーブオイルをかけるだけ、っとシンプルな調理が魚介の味を引き立てます。

ご存知、天ぷらはポルトガルから来ました。これはインゲンの天ぷら。甘いです。

イカスミパスタも色彩やか。

どのフルーツは太陽の恵み受けて、甘い!搾りたてオレンジジュースがいたるところでこのような機械で売っています。100円くらいですよ!安い。美味しくて毎日飲みました。

もう一つ驚いた飲み物が、このPedrasという炭酸水。これ天然の炭酸水なのです。ポルトガルの人は、これは「世界一の天然炭酸水」と誇らしげに話してくれます。柔らかなシュワシュワ感とミネラル、とても美味しいです。

またスイーツも沢山あります。我らのカステラも、この国のお菓子「Pão de lós」が原型になっています。カステラという名前自体は、色々な変遷でつけられたようですが、卵たっぷり、ふわふわのスポンジにその起源を感じます。スフレシフォンみたいな柔らかさ。

日本でも大人気のエッグタルト(Pastel de Nata)。街のいたる所に売っています。
焼きたては、パイ生地がサクッとして、中のクリームは柔らかで美味しいです。

短い滞在でしたが、堪能しました。また戻って来たいです。

親子でスコーン作り

週末、4組の親子さんがスコーン作りに来てくれました。
6歳くらいのお嬢さまたち、初のスコーン作りです。それぞれにエプロンをつけて始まる前から楽しそう。

トライフルの簡単カスタード。
カスタードが変化していく様子に、嬉しいくらいの好反応。「わ〜いい匂いがする〜」「固まってる〜」
それぞれのグラスに、ベリーソース、いちご、カスタード、生クリームを盛り付けて大はしゃぎ。「早く食べた〜い」。

英国風スコーン。
大人用のちょっと高めの作業台にもかからず、一生懸命、手を伸ばして、お母さまと一緒に粉とバターを混ぜてくれました。
本当に真剣そのもの。型抜きで生地をさっくり抜いて、トレイに載せて塗り卵を塗って。オーブンで脹れるスコーンが待ち遠しそう。

作業後のお楽しみTea タイム。みんな、沢山食べてくれました。嬉しい♬子供の反応はストレートなので、2個目、3個目に手が伸びるのは、良かったぁと思える瞬間。


(写真、お借りしました!)

今回はアレルギーを持ったお子様もいらっしゃいました。通常のお菓子教室には、なかなか足が向かなかったとのこと。できる範囲での対応でしたが、お母様、お友達と一緒に作り、美味しそうに食べてる様子を見て、私もとても嬉しかったです。

お手伝いに駆けつけてくれたパン職人の友人にも大感謝です。

クリスマスお料理レッスン

いつもは和菓子を教えているのですが、たま〜に、お料理のレッスンをすることも。

今回は、お家で簡単にできるクリスマス料理をやりたい!とのリクエストがありまして、企画してみました。お子様が小さいと色々は出来ませんものねぇ。なので、なるべく作業はシンンプルに。

 

メインは和風ローストポーク。醤油ベースのタレに漬け込みます。

クリスマスリースに見立てたスイートポテトとアボカドのサラダ

熱々を頂くチョコレートケーキ

クリスマス、お家で作ってみてくださいね!
私も久々の料理教室を楽しみました。

無花果ジャム

無花果の季節。

大好きなんです、イチジク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、イチジクジャムに。今回はてんさい糖のグラニュー糖を使ってみました。
お酢ちょっと入れると、味がさっぱりしますよ。
以下の材料を入れて、アクをとりつつコトコト煮込み、イチジクがとろ〜りとしたらオッケー。

<材料>
イチジク(2パック)700g
てんさいグラニュー糖 200g
水 70ml
りんご酢 大さじ1

 

 

 

 

 

 

 

出来上がり。糖度も高くないので、冷蔵庫に入れて、早めに食べましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できたてジャムで、早速、タルティーヌにしてみました。クリームチーズと生ハムとイチジク、相性バッチリ。

エルダーフラワーコーディアル

ファーマーズマーケットで エルダーフラワーを発見!


イギリスでよく飲んでいたコーディアルを作ってみることにしました。
コーディアルというのは、甘いシロップのこと。


エルダフラワーとレモンを煮出して、1日置いて、はい、出来上がり。
よく冷やした炭酸水で割っていただきます。

北欧ベリーケーキ

青山ファーマーズマーケットで開かれた北欧雑貨市。
Kirpputoriさんの白樺細工のワークショップにて、フィンランドのベリーケーキをお出ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りのカゴがとても可愛いですね!
暑いので、ヨーグルトクリームを添えて、ちょっとサッパリと。

 

 

© Copyright Y-an