夏越しの祓え

 

6月30日、夏越しの祓え 
ー 半年分のけがれを祓って、残り半年の無病息災を願う儀式。

この日に食べるお菓子が、水無月。厄除けの力があると言われる小豆をのせて、氷に模した三角のお菓子を食べてあと半年、無事に過ごせますようにとお祈りします。冷凍庫などないその昔は、氷が超貴重品。庶民はほとんど食べることができないので、氷に見立てたこの水無月ができたそうです。素朴なお菓子だと思っていましたが、由来を知ると面白いですね。

梅雨明けして、一気に気温上がりましたけど、あと半年頑張ってきましょう。

 

 

こちらは抹茶バージョン。

早朝の明治神宮。沢山パワーを貰います。
 

 

© Copyright Y-an