甘夏の季節

巣篭もり生活をしていても、季節は着実に進むもの。

友人から、ご実家のお庭になった立派な甘夏を頂きました。

年によって沢山なる年とそうでない年があるそうなのですが、今年は豊作だったとのこと。

もちろん無農薬。わ〜、貴重。皮まで全て堪能したい。

ということで、甘夏しごと。

皮と実を分けて、実のまわりの薄皮をむく。それなりの大仕事。家中が、甘酸っぱい爽やかな香りに満たされて、黙々と手を動かす週末。

・甘夏ピール

内側の薄い皮を取り除き(苦味が強いので)、茹でこぼすこと4回。お砂糖と煮詰めて、乾燥させます。1日置いたら、頃合いをみてお砂糖をまぶして完成。

チョコレートでコーティングしてもゴージャス。

・甘夏ジャム

柑橘の皮にはペクチンが豊富なので、砂糖と煮詰めていけば自然とマーマーレードに。

丁寧にアクを取りながら、コトコト、黄金色になるまで

パンやヨーグルトに入れても、パウンドケーキなどお菓子に入れてもいいですね。

・甘夏カード

もう一つお気に入りなのが、レモンカードならぬ甘夏カード。甘夏の果汁に、砂糖、卵黄と溶かしバターを混ぜて、湯煎でゆっくりとろみをつけていきます。甘すっぱくて、いつまでも舐めたくなります。

・甘夏タルト

ちょっと手間がかかるけど、甘夏尽くしのタルト。サクサクの焼きたてタルトに、ヨーグルト・クリームチーズと甘夏カードの2層仕立て。上に甘夏のシロップ漬けをのせて。

幸せティータイム。甘酸っぱい甘夏カードとクリームチーズは相性抜群。

今年も、甘夏の恵みを存分に楽しませて頂きました。

ごちそうさまです〜。

© Copyright Y-an