<募集>12月のレッスン

12月のレッスンは、クリスマス和菓子とお正月用の花びら餅ワークショップの2企画です。

1.クリスマス和菓子

【候補日】

12月4日(日)10:30 より

12月8日(木)10:30 より

12月16日(金)10:30 より

12月17日(土)10:30 より

12月19日(月)10:30 より

(予備日:12月18日(日)10:30 より)

【作るもの】

いちご大福

いちごの甘酸っぱさとあんこの甘さがふんわりやわ〜いお餅に包まれて、出来たてが一番美味しいイチゴ大福こそ、おうちで作って欲しいお菓子です。

包んでも、見せてもどっちもいいと思うのですが、クリスマスなのでいちご見せで。

黒こし餡もいいですが、白あんのいちご大福も美味しいです。

クリスマスの練切り成形

街もイルミネーションが賑やかで美しい頃、可愛いクリスマス練切りを作ります。 2〜3種作成予定です。

【料金】 6000円

親子レッスンをご希望の方はご相談ください。お子さま:3000円

【所要時間】約2.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

〜    〜〜〜〜〜    〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜  〜〜〜〜〜

2.花びら餅ワークショップ

【候補日】

12月25日(日)10:30 よりーご希望が多い場合は、午後14:00も開催します。

12月26日(月)10:30 より

12月27日(火)10:30 より

【作るもの】

年賀のお菓子、花びら餅をお正月用にご自分で作ってみませんか?

教室で作ったものをお持ち帰り頂き、冷凍保存してお正月に召し上がって頂こうというワークショップです。

手作り和菓子で家族の一年の健康を願う、そんな新年の始まりにいかがでしょう。

 

花びら餅:甘じょっぱい味噌あんとごぼうの蜜煮を柔らかい求肥生地で包んでいます。平安時代から伝わる年賀のお菓子で、宮中でお正月に食べられてきました。年初のお茶会でも出されるものです。

*お一人5個お持ち帰り予定。数が足りない場合は、事前の注文お受けします。

 

【料金】 6000円

【所要時間】約2時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

<各クラス共通>

【募集人数】 2〜4名

【持ち物】 マスク、エプロン、手拭き、手提げ袋

【申込み方法】

Contactより、メールにてお名前、電話番号、ご希望日時をお知らせください。こちらよりご連絡いたします。

【お支払方法】

お申込みの後、指定の銀行・郵貯口座またはPaypayにて事前のお振込をお願いしております。

なお、新型コロナウィルス感染症対策のため、新ルールのもとに教室を行なっておりますので、ご一読ください。ご理解とご協力お願い申し上げます

By |2022-11-25T22:36:20+00:0011 20th, 2022|Lesson|<募集>12月のレッスン はコメントを受け付けていません

「和を楽しむ」会のご報告

11月3日文化の日に新宿御苑のお茶室「楽羽亭」で開催した「和を楽しむ」イベント無事に終了しました。

当日はお天気に恵まれ、爽やかな秋晴れの中、沢山のお客様にお越し頂きました。水引のKasumi先生、茶道のANNA先生とともに、文化の日に和文化に触れて楽しんで頂こう、繋げていこうという企画、皆様にお楽しみ頂けたようで何よりです。

楽羽亭は新宿御苑が皇室庭園であった明治39年頃に建てられた由緒あるお茶室で、「楽しそうに鳥が羽ばたく」様子に由来するそうです。

素晴らしいお茶室と日本庭園で開催中の菊花壇展もご堪能頂き、秋のひとときをご一緒できたこと嬉しく思います。

当日、スタッフさんに運営・進行面で沢山のサポートを頂きました。無事にイベントを終えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

By |2022-11-10T16:41:16+00:0011 10th, 2022|Lesson Report|「和を楽しむ」会のご報告 はコメントを受け付けていません

水引と和菓子コラボワークショップ(11/27)

ゲスト講師、KASUMI先生をお招きして、水引と和菓子のコラボワークショップ第2弾を開催します。日本に古来から伝わる美しい水引。その繊細な和の世界は、和菓子作りにも通ずるものを感じます。前回のワークショップは大変好評を頂きました。

今回はお正月用の箸袋を製作予定です。ご自分で結んだ水引で新年を迎える、素敵な一年のはじまりになりそうです。

【日程】

11月27日(日)① 10:15〜  ② 14:00〜

【作るもの】

・水引 箸袋(3個*)

あわじ結び、梅結び、菜の花結びの水引を製作予定です。

*追加で、箸袋の製作キット、もしくは出来上がり商品(いづれも3個セット)を購入ご希望の方は事前にお知らせください<数量限定>

 

・和菓子 練り切りの成形(3個予定)

「菊」: 日本を象徴する花の一つ。古くから愛されてきた高貴な菊花を和菓子で表現します。

シンプルに美しい菊から、三角棒を駆使して、応用編チャレンジも歓迎です。

【料金】

7000円

【所要時間】

約2時間半(お菓子は持ち帰って、お召し上がりください)

 

ゲスト講師:

KASUMI先生のプロフィール

 

 

 

 

 

伝統工芸である刺繍師をしていた祖父の仕事場で遊ぶのが好きだった幼少期。学生時代に留学し、海外から日本を見ることで日本文化の素晴らしさに改めて気がつく。

縁あって明治神宮の結婚式場で12年働く中で水引に出会い、本物を見て感じ、貴重な経験を得る。

2010年水引を始める。水引をやればやる程に魅了されていく。

在職中明治記念館オリジナルの水引アイテムの商品デザイン等と手掛ける。

2017年水引をモダンに仕上げ現在(イマ)に伝え多くの方に広めていきたいと水引design musubiを立ち上げる。

水引アクセサリーや和のアイテムをひとつひとつ心を込めて手作りすることをモットーにふだん使いにはもちろん和装・和のあつらえにぴったりのアイテムを作っています。現在、水引製品の製作・販売のほか、水引のワークショップ講師として活動中。

【Instagram】

https://www.instagram.com/mizuhiki_design_musubi/

By |2022-11-27T17:02:40+00:0010 15th, 2022|Lesson|水引と和菓子コラボワークショップ(11/27) はコメントを受け付けていません

11月の和菓子レッスン

<季節の和菓子レッスン>

A . お赤飯とフワフワくるみ餅

お米も小豆も、今年収穫された新米・新豆が出てきましたね。何よりのご馳走です。収穫に感謝しつつ、しっかり秋の恵みを楽しみます。

【候補日時】

11月13日(日) 10:30 より

11月14日(月) 10:30 より

11月18日(金) 10:30 より

11月19日(土) 10:30 より

11月20日(日) 10:30 より

11月21日(月) 10:30 より <<追加>>

*ご友人と2名様以上で、ご参加の場合は、別枠で設定できますので、日程ご相談ください。他の参加者もご一緒させて頂く場合がございます。

【作るもの】

・お赤飯

和菓子屋さんに売ってるお赤飯。むっちりとして美味しいですね。

新物のもち米と小豆を使って、蒸籠で蒸したお赤飯を作ります。ごま塩も手作りです。

・フワフワくるみ餅

イタリアンメレンゲを入れたふわっふわっの黒糖風味、くるみ餅を作ります。

柔らかすぎてとろけそうな求肥生地です

【料金】 6000円

【所要時間】約2.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

B . 小豆の炊き方&どら焼き

【候補日時】

11月23日(水・祝) 10:30 より

【作るもの】

・粒あんの煮方 + 粟(アワ)ぜんざい

新しい小豆は皮が柔らかく、すぐに煮えます。北海道十勝産の採れたての小豆を使って、コトコト、粒あんの煮方を学びましょう。

粟餅を入れた、粟ぜんざいを作ります。

・どら焼き

人気の定番和菓子、どら焼きを作ります。

重曹を加えた生地がフワッと浮き上がる瞬間がお楽しみ。栗を入れて栗ドラなど。

【料金】 6000円

【所要時間】約2.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

<スタジオ体験レッスン>

ご希望の方は、お問いあわせください。

 

<各クラス共通>

【募集人数】 2〜4名

【持ち物】 マスク、エプロン、手拭き、手提げ袋

【申込み方法】

Contactより、メールにてお名前、電話番号、ご希望日時をお知らせください。こちらよりご連絡いたします。

【お支払方法】

お申込みの後、指定の銀行・郵貯口座またはPaypayにて事前のお振込をお願いしております。

なお、新型コロナウィルス感染症対策のため、新ルールのもとに教室を行なっておりますので、ご一読ください。ご理解とご協力お願い申し上げます

 

By |2022-11-20T17:42:28+00:0010 14th, 2022|Lesson|11月の和菓子レッスン はコメントを受け付けていません

10月の和菓子レッスン

<季節の和菓子レッスン>

秋の味覚が嬉しい季節になりました。和菓子的には、やっぱり栗ですね♪

小布施の栗、美しいです。

【候補日時】

10月8日(土) 10:30 より

10月9日(日) 10:30 より

10月14日(金) 10:30 より

10月15日(土) 10:30 より

10月16日(日) 10:30 より

(予備日)10月10日(月・祝) 10:30 より

*ご友人と2名様以上で、ご参加の場合は、別枠で設定できますので、日程ご相談ください。他の参加者もご一緒させて頂く場合がございます。

 

【作るもの】

・浮島

餡(白あん、こし餡)をベースに作る蒸菓子です。お口に入れると溶けていくような優しい食感です。甘納豆や栗をあしらって、秋のお菓子に仕上げます。

色々な餡で作ってみると美味しいですよ(栗餡で)。

・栗のお汁粉

せっかく秋ですから、ちょっと栗仕事。栗がぎゅっと詰まった贅沢なお汁粉を作ります。

 

【料金】 6000円

【所要時間】約2.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

・スタジオ体験レッスン (初めての方)

体験レッスンをご希望の方は、調整しますのでメールにて希望日時をご連絡ください。

・くるみ大福

・季節の練切り成形

 

【料金】 5000円

【所要時間】約1.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

<各クラス共通>

【募集人数】 2〜4名

【持ち物】 マスク、エプロン、手拭き、手提げ袋

【申込み方法】

Contactより、メールにてお名前、電話番号、ご希望日時をお知らせください。こちらよりご連絡いたします。

【お支払方法】

お申込みの後、指定の銀行・郵貯口座またはPaypayにて事前のお振込をお願いしております。

なお、新型コロナウィルス感染症対策のため、新ルールのもとに教室を行なっておりますので、ご一読ください。ご理解とご協力お願い申し上げます

By |2022-10-13T17:25:18+00:009 15th, 2022|Lesson|10月の和菓子レッスン はコメントを受け付けていません

9月の和菓子レッスン

<季節の和菓子レッスン>

暑さの中にも、秋の気配も感じるこの頃。あんこにお団子に、そんなお菓子が食べたくなる季節です。

シンプルなあんこ餅と練り羊羹を作ります。

【候補日時】

9月10日(土) 10:30 より

9月11日(日) 10:30 より

9月16日(金) 10:30 より

9月17日(土) 10:30 より

9月18日(日) 10:30 より

(予備日)9月19日(月・祝) 10:30 より

*ご友人と2名様以上で、ご参加の場合は、別枠で設定できますので、日程ご相談ください。他の参加者もご一緒させて頂く場合がございます。

 

【作るもの】

・あんこ餅

白玉粉から作るお餅を漉し餡で包む、どこか懐かしいお菓子を作ります。ほっこりお茶タイムにいかがでしょう。

中は、こんな感じのお餅感。


お抹茶餡で作るのもいいですね。

・練り羊羹

羊羹といえば、練り羊羹。というシンプルに美味しい羊羹を作ります。

甘納豆が良いアクセントに。

【料金】 6000円

【所要時間】約2.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

<おはぎワークショップ>

お彼岸(9/20-26)ですね。おはぎを一緒に作りませんか♪

【候補日時】

9月23日(金・祝)10:30〜

(予備日:9月24日)

【作るもの】 お萩(粒餡、こし餡、きな粉)

【料金】 5000円

【所要時間】約2時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

 

・スタジオ体験レッスン (初めての方)

体験レッスンをご希望の方は、調整しますのでメールにて希望日時をご連絡ください。

・わらび饅頭

・季節の練切り成形

 

【料金】 5000円

【所要時間】約1.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

<各クラス共通>

【募集人数】 2〜4名

【持ち物】 マスク、エプロン、手拭き、手提げ袋

【申込み方法】

Contactより、メールにてお名前、電話番号、ご希望日時をお知らせください。こちらよりご連絡いたします。

【お支払方法】

お申込みの後、指定の銀行・郵貯口座またはPaypayにて事前のお振込をお願いしております。

なお、新型コロナウィルス感染症対策のため、新ルールのもとに教室を行なっておりますので、ご一読ください。ご理解とご協力お願い申し上げます

By |2022-09-16T17:02:39+00:008 30th, 2022|Lesson|9月の和菓子レッスン はコメントを受け付けていません

7月の和菓子レッスン

<季節の和菓子レッスン>

暑くなってきました。ツルンとした喉ごしの良いお菓子が嬉しい季節ですね。

水羊羹と蓮根餅を作ります。

【候補日時】

7月8日(金) 10:30 より

7月10日(日) 10:30 より

7月15日(金) 10:30 より

7月16日(土) 10:30 より

7月18日(月・祝) 10:30 より

(予備日7月9日)

*ご友人と2名様以上で、ご参加の場合は、別枠で設定できますので、日程ご相談ください。他の参加者もご一緒させて頂く場合がございます。

 

【作るもの】

・水羊羹

漉し餡を寒天で固め冷やして頂く水羊羹は、夏の定番和菓子。

葛を使って、柔らかい食感に仕上げます。お好みで桜葉を添えると、程よい塩気と風味が増します。

 


 

 

・蓮根餅

蓮根の澱粉を蒸して作るお菓子です。わらび餅とも葛とも違う、プルンとした菓子を笹に包んで涼やかに仕上げます。

【料金】 6000円

【所要時間】約2.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

 

・スタジオ体験レッスン (初めての方)

体験レッスンをご希望の方は、調整しますのでメールにて希望日時をご連絡ください。

・わらび饅頭

・季節の練切り成形

【候補日】7月22日(金) 10:30~

【料金】 5000円

【所要時間】約1.5時間(持ち帰って、お召し上がりください)

 

<各クラス共通>

【募集人数】 2〜4名

【持ち物】 マスク、エプロン、手拭き、手提げ袋

【申込み方法】

Contactより、メールにてお名前、電話番号、ご希望日時をお知らせください。こちらよりご連絡いたします。

【お支払方法】

お申込みの後、指定の銀行・郵貯口座またはPaypayにて事前のお振込をお願いしております。

なお、新型コロナウィルス感染症対策のため、新ルールのもとに教室を行なっておりますので、ご一読ください。ご理解とご協力お願い申し上げます

By |2022-07-15T21:51:53+00:006 22nd, 2022|Lesson|7月の和菓子レッスン はコメントを受け付けていません

梅干しのその後、、、。

ワークショップに参加された皆様、梅のその後が、気になりますね。

先生がデモで漬けられた梅、私が後を引き継ぎ見守っております。

横で、作業の準備をしながら先生の説明を聞いてましたので(←すでに言い訳、)「先生の説明と違います〜」というツッコミを受けるかもしれませんが、ここに記録をアップしていきます(多分 笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月25日

3日目、早朝の穏やかな日光に数時間干しました。乾いているので、お昼前には終了。

これで出来上がりとしよう。

干したてを食べてみると、美味しい。しょっぱいですが、杏のようなフルーツ感も残ります。これは干した人しか食べれない。

容器に入れて1年ほどこのまま熟成させます。美味しい梅干しに仕上がりますように。梅酢は料理に使っちゃいます。

35度近くなる昨今は、3日間、日光に干すには暑すぎる気がしました。秋に日差しが穏やかになって干してもいいのかなっと思った次第。1年に一回のイベント、気長に色々試してみます。

7月24日

2日目、まだひっくり返さない方がいいのかなって思いつつも(本来は3日目の朝に裏返す)、場所、梅の大きさによって乾き方が違ったので、くっついてもいないし、裏返しつつ、やや場所を入れかえました。だいぶ乾いているのが気になるので、干す時間をやや短くしてみました。

 

7月23日

梅酢に浸ったまま1ヶ月がたちました。カビも生えずキレイな梅酢。

お天気良さそうなので干していきます。

ザル直接で良いのですが、私はオーブンペーパーを敷いています。

家の屋上に朝7時半ごろから、、

ここは日当たりがとても良いのですが、天日干しにはよし。でも、日差しが大変強くなる午後には、1階に移動させました。

夕方触ってみて、結構乾いててびっくり。気温も33度とか、日照りに干し続けるとカピカピになりそうです。。 夕方以降は室内へ。

 

 

6月22日

梅酢が梅の上まで上がってきましたね〜。

覗いてみるとこんな感じ。

重石を軽くしました。お皿を2枚、梅が浮いて来ないように(布と中蓋はそのまま)

 

6月19日

WSの作業はここで終わり、上にお酢で湿らせた不織布を掛けました。

中蓋の上に、重石を載せて、梅酢が上がるのを待ちます。

(写真手前は半量です。)

 

By |2022-07-28T10:14:15+00:006 22nd, 2022|Lesson Report|梅干しのその後、、、。 はコメントを受け付けていません

梅ワークショップの記録(6/19)


先日、和歌山みなべ町で梅農家をされている垣淵ひろこ先生をゲストにお招きして梅ワークショップを開催しました。東京で実際に梅の生産者さんから梅漬けを習える貴重な機会と、皆様にお集まり頂きました。(会は3回に分けて)

先生の農園で採れた南高完熟梅と青梅、採れたての梅の香りは凄まじく甘い!梅アロマに包まれました。

こんなに沢山の梅が一度に届くことも初めてでして、配達の方も段ボールから香る梅の匂いにびっくり。

 

梅干しは、完熟の梅を塩漬けして酢又は焼酎と混ぜて容器に詰めます。

 

丁寧に一つ一つ梅仕事。先生への質問もたっくさん。

 

南高梅の「南高」って南部高校から来てるっと初めて知りました。そんな梅豆知識も学びつつ、先生の昨年の梅を試食しておばあちゃんの梅干しを懐かしく思い出され方も。

 

 

こちらは、梅シロップの会。

中学校1年線の園芸部女子も参加してくれました。

昔からの知恵、生産者との繋がり、季節の手仕事、皆さまと大切にしていきたいです。

垣淵先生、参加者の皆様ご参加ありがとうございました😃

垣淵農園の情報はこちら

 

By |2022-06-23T17:32:12+00:006 20th, 2022|Lesson Report|梅ワークショップの記録(6/19) はコメントを受け付けていません
Go to Top